診療ご予約・お問い合わせはこちら
お問い合わせはこちら

マウスピース矯正とは

HOME > マウスピース矯正とは

マウスピース矯正とは、ブラケットやワイヤーを使わず、マウスピース型の装置で歯を動して いく矯正方法のことを言います。
透明のマウスピースを使用することで、

「目立たず、周囲の人に気づかれにくい」
「比較的傷みが少ない」
「取り外せる」
「金属アレルギーの心配がない」

というメリットがあり、従来の矯正治療のデメリットを克服することが可能となりました。
例えば、人前で喋る機会が多い仕事の方、接客業の方でも、他人に気づかれにくいのは大きな メリットではないでしょうか。

日本では矯正治療と聞くと、ワイヤーを用いる矯正方法だとお考えの方が多いように思います。
しかし、欧米では従来の矯正より、マウスピースを用いた矯正治療の方が一般的です。
今後、日本でもマウスピース矯正が主流となってくるはずです。

当院がおすすめするインビザライン

画期的なマウスピース矯正治療インビザライン

八田歯科では、いくつかのマウスピース矯正治療のシステムを採用していますが、 その中でも”インビザライン・システム”をおすすめしています。
世界100カ国以上の国々で採用され、900万人以上の患者さんがインビザラインでの治療実績があります。
ただ、実績があるだけではなく、 この900万人以上の実績(ビッグデータ)はコンピューターに取り込まれ、 AI技術を駆使し、新しい患者さんの治療へ活用されるシステムになっています。 これにより、治療前に矯正治療後のイメージが確認でき、精度の高いマウスピース 作りが可能になります。
この点が他の矯正治療にはない、最大のメリットだと考えております。

インビザラインの優れた点、メリット

ただし、インビザラインを成功させるには下記を守ってください

インビザライン専用の3Dスキャナー iTero

3Dスキャナー使用シーン

マウスピース矯正で大事なこと、それはまず、患者様一人ひとりのお口に合った矯正装置を作ることです。
当クリニックは精度の高いマウスピースを作製するため、その型取りを精密に行うことができる3D口腔内スキャナー”iTero”を導入しております。
従来のシリコン印象材での型取りに比べ、より精密に、より迅速に型取りできます。
お口の中をレーザー光線を使ってスキャンすることで歯ぐきの形、咬み合わせの状態をコンピューター上に 記録することができます。
また、インビザライン治療でのマウスピースははアメリカで作られますが、インターネットでデータを送付できるので、治療開始を早くすることができるようになりました。

3Dスキャナー iTeroを使用するメリット
● 短時間で精密な型取りができる
● 一人一人に合った精度の高いマウスピースを作ることができる
● インビザラインの矯正治療を早く開始できる

?並びがどれくらい綺麗になるのか気になる?、 最新光学スキャナーiTero5D
その場でスキャン→シミュレーション! 

マウスピース矯正についてのお問い合わせ、初回相談のご予約はこちら

医療法人 佑恵会 八田歯科

大阪市福島区福島3-13-6 アルグラッド福島EAST-1F

■JR東西線【新福島駅】徒歩1分
■阪神電鉄本線【福島駅】徒歩1分
■JR環状線【福島駅】徒歩5分

八田歯科外観
Copyright (c) Hatta Dental Clinic All Rights Reserved